リフォームを伊勢でお考えなら丸芳奥野建築にお任せ下さい!

松阪市N様邸 バリアフリーリフォーム 施工事例

)

施工個所

1Fフロア全般及び外回り
 

工期

1ヶ月
 
 

リフォーム概要

リフォームの背景

松阪市のN様から、1Fの間取りを全て変更して、バリアフリー対応にしたい、とのご相談をいただきました。

BEFORE  - 施工前 -

N様宅の玄関です。 玄関ホールです。正面の壁向こうは、トイレ、脱衣場、お風呂、台所と奥に向かって並んでいます。
玄関ホールを右に曲がると和室です。
キッチンです。
     
キッチン隣はリビングとなっています。 リビング入口です。今度、施主様のご家族が車椅子を使われるため、このままの開口では移動に支障があります。 キッチンから廊下をみた写真です。一番奥が玄関です。左側に見える階段も螺旋状になっており、かなりの急勾配。昇り降りも大変です。
     
浴室です。 トイレです。 和室の隣の洋室です。
     
洋室と和室との間は壁で区切られ、手狭に感じられます。 和室の畳や建具関係もずいぶん傷んできました。 玄関左側の外壁です。
     


リフォームのポイント

車椅子で移動しやすいよう、間口を広く、和室と洋室をつなぎ、各部屋の段差をなくして、1Fを全てバリアフリーとすることになりました。また、左側の外壁を破って、引戸を付け、スロープから入られる形をご提案し、了承を得ました。


- 施工中 -

解体を開始しました。まずは、脱衣場、トイレ、お風呂という水回り関係をはつっていきます。 このはつりが結構大変だったりします。 リビングの壁と天井をめくり始めました。
     
台所があったところから、玄関に向かって撮影です。手前から、台所、浴室、脱衣場、トイレとなっておりました。壁をやぶって玄関までつなげた分、非常に広く見えますね。 右上のリビングの写真と同じ場所からの撮影です。解体により、不足する柱や桁も入れていきます。
今回、このリビングだった場所にキッチンも入れてLDKとします。
ユニットバスを入れています。今回、ユニットバス及び脱衣場は、リフォーム前に台所のあった場所に作ってます。
     
リビングに掃き出しサッシを入れました。もちろんペアガラスです。 玄関からの撮影です。壁がなくなった分、非常に奥行が広く見えます。奥がユニットバスです。 玄関すぐ右側です。和室に入るための開口部を新たに設けて、額縁を入れました。
     
LDKとなる場所です。壁に断熱材を入れてます。 勝手口から撮影しました。洗面脱衣場となる場所です。右がユニットバス、左がLDKです。 階段も勾配をゆるくして、新たに入れました。
     
外壁に開口部を設けて、大きな開口の引戸を入れました。後ほど、スロープが入ります。 玄関入ってすぐ左側に、物置台を造作しました。
下には扉をつけて、収納BOXとします。
壁や天井にボードを張っていきます。
     
LDKの入口からの撮影です。奥のくぼんだところに冷蔵庫が入ります。 キッチンパネルを入れて、システムキッチンを設置していきます。 壁と床をクロス仕上げしています。
     
ここにトイレが入ります。 三枚引き違いの引戸です。左右どちら側からも入れて便利なのと、十分な開口が取れます。 寝室となる部屋の押入内に収納用の造作をしていきます。
     
スロープを入れるために、型枠を入れました。 コンクリートを入れ、手すりを入れて、次第に完成させていきます。 入口部分の段差をなくすために、ブロックビルドを入れました。
     
LDKを若干広くする分、壁を前に出し、庇を付け直しました。外壁のトタンは、既設のものと同じくグレーとします。 寝室の収納BOXです。扉はこれからつけます。 廊下に置いた物置台に扉をつけました。
     

AFTER - 施工後 -

玄関からの撮影です。奥行きも間口も広々としています。 奥のリビング入口付近から撮影したものです。壁際の物置台を施主様も非常に気に入っていただきました。サッシの目隠しに入れた障子がさらに和風な感じを出しています。 以前洋室だったスペースは、和室とワンフロア化されました。ここが寝室となります。
     
和室と寝室との間は、引き違い戸で仕切られ、開け放たれると非常に広く感じます。 寝室入口は、三枚引き違い扉。左右どちらからでも入られ、間口が非常に広いです。 和室の畳も張り替えられ、スッキリしました。
     
以前、リビングだった場所は、12畳のLDKとなりました。もちろんオール電化で、IHが入ってます。 LDKと隣の洗面脱衣室との間も間口は広く、開けやすい引戸となっています。 洗面化粧台です。
トイレです。非常にゆったりとした広い空間となっています。 階段も勾配がとても緩やかとなりました。 新たな出入り口です。スロープも完成しました。
     


担当者より一言

1Fの総バリアフリーということで、まずは解体から始まり、間取りを取り直すなど、非常にやりがいのある内容でした。施主様が、毎日のように現場の進捗を楽しみに見ていただき、完成したときに、「頼んでよかった。夢がかなったわ」と言っていただいたときは、本当に感激でした。ありがとうございました!今後ともよろしくお願い申し上げます!




リフォームが終わって・・・お客様の声

妻が病気を患ってから、ドアの開口が狭い、風呂やトイレが狭い、段差があり危ない、手すりがない等、困っていましたが、兄から丸芳奥野建築を推薦してもらいました。他に一社検討していましたが、信頼できる会社で、こちらの希望を実現できそうだったから、丸芳奥野建築さんを選びました。
施工中は、相手の身になった適切なアドバイスで、いやな顔もせず、最大限の配慮をしながら、私と妻の夢を叶えていただきました。本当に感謝しております。
木造建築の良さを最大限に生かし、良質な材料と丁寧な施工で全て気に入っています。知り合いにも推薦したい気分です。



丸芳奥野建築株式会社についてご紹介します

 施工事例ページを見る

 スタッフ紹介ページを見る

 会社概要を見る



木まま住宅へのお問い合せ、お見積りはこちらから