リフォームを伊勢でお考えなら丸芳奥野建築にお任せ下さい!

伊勢市M様邸 新築 施工事例

施工個所

新築
 
 

工期

3ヶ月
 

概要

背景

伊勢市のM様から、高気密・高断熱・空気循環・湿度調整を特徴とした高機能住宅「ファースの家」のご依頼をいただきました。

- 施工中 -

地祭りを行ってます。 基礎配筋です。 土台を据え付けて、いよいよ建前です。
     
どんどん柱が建っていきます。 家の形が見えてきました。 吹付け断熱材を屋根裏に定着させるためのエアーネットを貼っています。
     
外張り断熱材「ファースボード」を張っていきます。 瓦を葺いています。 ファース工法の特徴である吹付け断熱材「エアライト」で屋内をミッチリと吹き付けていきます。
     
定着したエアライト。そのあたりの吹付材とはモノが違います。 さらに床下には、シリカゲルを改良した調湿材「スカットール」を敷き詰めていきます。 小屋裏に設置されたファースの家の心臓部「AIキット」です。ここで、湿度、温度を調節された新鮮な空気を、ダクトや給排気口を通じて、エアライトや特殊サッシ等で気密性・断熱性を高めた家中に循環させ、年中、家の中全てが、気温、湿度ともに快適で、空気のきれいな「ファースの家」が実現するわけです。
     
外壁を貼り始めました。上下で色分けされます。 屋内造作も進み、ボードを貼っています。 クロス貼り付け前にパテを塗っていきます。
     


AFTER - 施工後 -

完成後の正面写真です。   画像に対しての説明文
     
リビング内の畳スペースの写真です。 フチのないこの畳、実は紙で出来てるんですよ。 キッチンの写真です。
     
和室の写真です。 昔ながらの塗りで仕上げた和室。気持ちも落ち着きます。 階段です。
     
2F洋室です。 クローゼットを開けたところです。 ベランダの写真です。
     
1Fトイレの写真です。 ユニットバスの写真です。 玄関の写真です。
     


担当者より一言

高機能住宅「ファースの家」を手がけさせていただきました。北海道生まれのこの工法は、気密、断熱、調湿機能の高さから、年中、家の中が非常に快適で健康、かつ家が長持ちする優良工法です。
年内になんとか完工し、新居にて年を越していただけました。施主様にも喜んでいただき、うれしく思います。



丸芳奥野建築株式会社についてご紹介します

 施工事例ページを見る

 スタッフ紹介ページを見る

 会社概要を見る



木まま住宅へのお問い合せ、お見積りはこちらから